あえろぐ

「自然で美しい身体」がテーマ。2017/11/27より最強の自重トレーニングであるプリズナートレーニング開始。プリズナートレーニングの効果・感想・やり方を記録してきます。

f:id:aechanman:20190626231843p:plain

 

腹筋を鍛える自重トレーニング ストレートレッグホールド

スポンサーリンク

f:id:aechanman:20190810033843j:image

この記事では腹筋を鍛える自重トレーニング「ストレートレッグホールド」の解説をしていきます。
最後に動画での解説も用意してあるので、動画で見たい方は目次から飛んでください。(童画は只今準備中です。)

 

目次

 

ストレートレッグホールドとは

Straight(まっすぐの)+Leg(脚)+Hold(維持)でStraight leg hold(ストレートレッグホールド)です。

椅子の肘掛けなどに手を付けて足を伸ばした状態で身体を浮かせることで、腹筋を中心に全身を鍛える自重トレ身体の後ろ側の筋肉を緩めることができます。プリズナートレーニングで紹介されているLホールドシリーズのステップ2つ目です。

もし前のステップがまだの人はそちらから始めるのがオススメ。

www.ae-log.com

 

ストレートレッグホールドで鍛えられる箇所

ストレートレッグホールドでは、腹筋を中心に全身の筋肉を連動させて鍛えていくことが出来ます。

・胸骨舌骨筋
・胸筋群
・三角筋前部
・上腕二頭筋
・腹筋
・股関節前部
・大腿四頭筋
・脛骨筋前部

 

ストレートレッグホールドのメリット

バックチェーンの筋肉(身体の後ろ側の連なる筋肉)を緩めることが可能です。その結果、下背部やウエストにしなやかな筋肉が付き、股関節の筋肉を強化されます。

難易度が上がる次のステップの準備になります。

 

ストレートレッグホールドのやり方

1.真っ直ぐに伸ばした腕で椅子の肘掛けを握る

f:id:aechanman:20190810033646p:image

2.腕を支えに身体を浮かす

f:id:aechanman:20190810033651p:image

3.膝を地面と平行になるまで上げたら脚を伸ばす

f:id:aechanman:20190810033701p:image

4.そのままの姿勢でキープする

 

 

ストレートレッグホールドのポイント

1.足を伸ばすことを最優先で
→足を上げることよりも足を伸ばすことを優先してください。(椅子を2脚使う場合だけ少し上げる意識が必要です)

2.難しければ片足ずつ伸ばす
→難易度が高く感じる場合は片足ずつ伸ばすのも一つの手です

 

ストレートレッグホールドの感想

ベントタックホールドが出来るのであれば、ストレートレッグホールドも出来ると思います。

私は座面を2つ用いましたが、出来れば背もたれや肘掛けを使うのがおすすめです。握ったほうが上半身を安定させやすくなるので。

 

ストレートレッグホールドまとめ

以上、腹筋を鍛える自重トレーニング ストレートレッグホールドの解説になります。

まとめると、
・Straight(まっすぐの)+Leg(脚)+Hold(維持)でStraight leg hold(ストレートレッグホールド)
・プリズナートレーニングのLホールドシリーズ、ステップ2
・腹筋をメインに全身を鍛える

以上です。

次のステップへの足がかりとなります。ぜひ、丁寧に取り組んでください。

 

ストレートレッグホールド解説動画

只今準備中