あえろぐ

「自然で美しい身体」がテーマ。2017/11/27より最強の自重トレーニングであるプリズナートレーニング開始。プリズナートレーニングの効果・感想・やり方を記録してきます。

f:id:aechanman:20190626231843p:plain

 

胸を鍛える自重トレーニング スライディングサイドツーサイドプッシュアップ

スポンサーリンク

f:id:aechanman:20190726144423j:image

この記事では胸を鍛える自重トレーニング「スライディングサイドツーサイドプッシュアップ」の解説をしていきます。

最後に動画での解説も用意してあるので、動画で見たい方は目次から飛んでください。

目次

 

スライディングサイドツーサイドプッシュアップとは

Sliding(滑らせる)+Side to Side(端から端への)+Pushup(腕立て伏せ)で、Sliding side to side pushup(スライディングサイドツーサイドプッシュアップ)。

その名の通りプッシュアップ(腕立て伏せ)の一種で、サイドツーサイドプッシュアップという自重トレの発展バージョンです。

身体を下ろすときに片方の手を体の前でスライドさせることで、もう片方の腕に負荷を集中させることが出来ます。

通常のプッシュアップ(腕立て伏せ)では物足りなくなった人や筋トレ上級者にオススメ。

手を滑らせるために靴下や紙皿などが必要となります。

 

スライディングサイドツーサイドプッシュアップで鍛えられる箇所

メイン→大胸筋、上腕三頭筋、三角筋前部

f:id:aechanman:20190726144508j:image

補助→前鋸筋、僧帽筋、腹直筋
f:id:aechanman:20190726144512j:image

 

スライディングサイドツーサイドプッシュアップのメリット

男性→たくましい胸、二の腕の引き締め
女性→きれいなバスト、二の腕の引き締め

 

スライディングサイドツーサイドプッシュアップのやり方

1.腕立ての体勢になる

f:id:aechanman:20190725081011p:plain

2.身体を下げながら片側の手を伸ばす

f:id:aechanman:20190725081016p:plain
3.元の位置に戻る

f:id:aechanman:20190725081011p:plain

4.反対も同様に行う

 

スライディングサイドツーサイドプッシュアップのポイント

1.体幹を一直線に保つ
→身体が捻れると腰に負担がかかる

2.腕をしっかり伸ばす
→しっかりと身体を下ろすため

 

スライディングサイドツーサイドプッシュアップの感想

通常のプッシュアップ(腕立て伏せ)よりもかなり負荷がかかる自重トレです。

サイドツーサイドプッシュアップよりも可動域も広がっており、より大きな筋力が必要となります。大胸筋はもちろん、強制的に脇を締めることによって上腕三頭筋(二の腕)にも集中的に効くようです。

私は靴下を利用したのですが、滑りやすい&自由度が高いのでかなりオススメ。

 

スライディングサイドツーサイドプッシュアップまとめ

以上、胸を鍛える自重トレーニング スライディングサイドツーサイドプッシュアップの解説になります。

負荷はかなり大きくなっているので、無理はしないように気をつけましょう。しっかりした関節や腱があれば最高のトレーニングになると思います。

ぜひ、胸トレのバリエーションに加えてください。

 

スライディングサイドツーサイドプッシュアップ解説動画


スライディングサイドツーサイドプッシュアップ