あえろぐ

「自然で美しい身体」がテーマ。2017/11/27より最強の自重トレーニングであるプリズナートレーニング開始。プリズナートレーニングの効果・感想・やり方を記録してきます。

f:id:aechanman:20190626231843p:plain

 

腹筋を鍛える自重トレーニング Lホールド(Lシット)

スポンサーリンク

f:id:aechanman:20190730135247j:image

この記事では腹筋を鍛える自重トレーニング「Lシット」の解説をしていきます。

最後に動画での解説も用意してあるので、動画で見たい方は目次から飛んでください。

 

目次

 

Lホールド(Lシット)とは

L+Hold(維持する)でL hold(Lホールド)
L+Sit(座る)でL sit(Lシット)。

手だけを床につけながら足を前方に伸ばしLの形でキープする自重トレーニングです。

プリズナートレーニングでは「トリフェクタ」という3種のストレッチの1つとしても紹介されています。(プリズナートレーニングではLホールドと呼ぶ)

難易度はかなり高め。

他のトレーニングで腹筋を作ってからトライすることをオススメします。

前のステップはこちら。

www.ae-log.com

 

Lホールド(Lシット)で鍛えられる箇所

腹筋をメインとしますが、不安定な状態で身体をキープするため全身の筋肉を総動員させます。

・胸骨舌骨筋
・胸筋群
・三角筋前部
・上腕二頭筋
・腹筋
・股関節前部
・大腿四頭筋
・脛骨筋前部

 

Lホールド(Lシット)のメリット

Lシットは体幹を鍛える最高級の自重トレーニングです。レベルの高い体幹を作り上げることが出来ます。

 

Lホールド(Lシット)のやり方

1.脚を前に伸ばして座る

f:id:aechanman:20190730135157j:image

2.手を握りお尻の横につける

f:id:aechanman:20190730135200j:image

3.手を床に押し付けて腰を上げる

f:id:aechanman:20190730135206j:image

4.脚を上げてキープ

f:id:aechanman:20190730135209j:image

 

Lホールド(Lシット)のポイント

1.腰を上げたら少し後ろへ引く
→重心を後ろにずらせるので上げやすくなります

2.段差をつけられるものがあれば利用する
→床からの距離が高くなるほどやりやすくなります

 

Lホールド(Lシット)の感想

かなり高度な自重トレーニングです。

相当の腹筋、筋肉の連動性を持っていないとなかなか出来ないでしょう。

いきなりLシットに取り組むよりは徐々にレベルアップしていくことをオススメします。(今後ステップ別に記事を用意していく予定)

ポイントにもありますが本などを使って床から距離を取れるとやりやすいです。バーを使うのが一番安全でやりやすいかと。

 

 

私は身一つで鍛えることにロマンを感じるので床を愛用していました。今後はLシット→プランシェのような連動技にも挑戦したいので購入を検討中です。

 

Lホールド(Lシット)まとめ

以上、腹筋を鍛える自重トレーニング Lシットの解説になります。

まとめると、
・L+Sit(座る)でL sit(Lシット)
・L+Hold(維持する)でL hold(Lホールド)
・手だけを支えにLの形で身体を維持することで体幹を鍛える自重トレーニングです
・難易度は高め

Lホールドは自重トレーニングの最高峰の1つです。これが出来るようになると、トレーニングの幅も広がりますし、パフォーマンスなんかに繋げることも出来ます。

ぜひ目指してみてください。

 

Lシット解説動画


Lシット