あえろぐ

「自然で美しい身体」がテーマ。2017/11/27より最強の自重トレーニングであるプリズナートレーニング開始。プリズナートレーニングの効果・感想・やり方を記録してきます。

f:id:aechanman:20190626231843p:plain

 

1日1食×筋トレ生活をしてみた感想

スポンサーリンク

どーも。

最近また、1日1食だけに戻りつつあります。前回と違うのは筋トレを続けているということ。せっかくなので、1日1食×筋トレでどうなっているのかを書き残しておきます。これから1日1食にトライする人の参考になるかと。

目次

 

結論

細かいことは後で書くとして、まずは結論を。

「筋肉は大きくはなりづらいけど、縮むこともない」

というのが1日1食×筋トレをやってみた感想です。恐らく、もっと食べればかなり身体は変わると思います。

ですが栄養学的に言えば明らかにカロリー不足にもかかわらず、今のところは筋肉量が減ったという感覚はありません。

大丈夫みたいです。

 

現在のライフスタイル

では、今の私のライフスタイルについて書いていきます。

1日1食×筋トレの生活を実践したのは、ここ一ヶ月です。諸事情で先月は実家に帰っていました。

 

食生活について

食事は、基本的には必要に感じたら食べています。

「お腹が空いたら食べる」とはまた違う感覚です。言葉にするなら「エネルギー切れ」や「飢餓」が近いかと。

食べる回数は大体が1回〜2回程度。1日1食になっているのは1ヶ月のうち半分くらいだと思います。

前半が、卵かけご飯×オリーブオイル×塩
後半が、スパイスカレー×ご飯

といったメニューです。(週1くらいで友人と外食をしています)

作るのが間に合わないと思ったときは、フルーツを間食に食べています。

水は浄水器を通して1日2〜3L。たまに、昔買っていたサプリメントと、プロテインを気が向いたときに取っています。(週1くらいかと)

 

筋トレについて

筋トレは20ヶ月前からやっているプリズナートレーニングというものを週6でやっています。自重でのトレーニングです。時間は30分程度。

一応メニューを書いておくと、

月曜 懸垂
火曜 ブリッジ
水曜 逆立ち腕立て
木曜 レッグレイズ
金曜 スクワット
土曜 腕立て伏せ
日曜 オフ

あとは気が向いた筋トレをちょいちょい。

ガッツリ鍛えている人と比べればぷぅみたいなもんです。

 

体の変化

先に述べたように、大きな変化は感じていません。

身体が大きくなったわけでもありませんし、筋肉が減った感じもない。

強いて言うなら脂肪が減っていますね。恐らく足りないエネルギー分を脂肪から取っているのでしょう。脂肪が減ったおかげで少し引き締まったような印象を受けます。ですが、脂肪の減り方はとてもゆっくりです。

代謝を落とすことで身体が対応しているのかもしれません。

あと、肌が綺麗になりました。(地味に喜んでいます)

 

感覚の変化

満腹感による睡魔がやってこないので集中できる時間が伸びていると思います。

寝起きだけは昔からダメなので省きますが、それ以外の時間は基本的に頭が冴えて深く集中できています。

 

体型の維持に向いていそう

1日1食×筋トレを1ヶ月行った結果は、良くも悪くも大きく身体が変化していません。

私は過去に筋トレ無しで1日1食していたとき、みるみるうちに痩せていきました。

筋トレを加えたのと、加えなかったのと両方を経験して思うのは、1日1食の生活を送りたいのであれば、筋トレをプラスしたほうが絶対にいいということです。

もちろん、年齢による代謝や筋肉を維持する力、食べるものの質、続ける期間、色んな要素が関わってくるので一概には言えません。けど、私は一度ガリガリを経験したので、筋トレを加えることをオススメします。

 

オススメは縛りをきつくしないこと

以上が、1ヶ月間1日1食×筋トレを実践してきた感想です。参考になれば嬉しく思います。

1日1食っていい響きです。
なんか凄いことのように思えるかもしれません。

ですが、1日1食にこだわる必要はないと思います。2食食べてもいいし、3食食べてもいい。大切なのは「1日3食を食べないといけない」という思い込みを捨てて、自分が求める体型に適した食生活を見つけることかと。

思考停止せずに、あなたの人生はあなたがコントロールできるようになってください。